君の膵臓をたべたい

『君の膵臓をたべたい』

著者:住野 よる

発行日:2015.6.21

◾️こんな人におすすめ

・泣きたい人

・青春時代のキュンキュンを感じたい人

・人と深く関わることが苦手な人

・恋をしてる人

・想いを伝えるのが苦手な人

◾️概要

偶然、【僕】が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて、正反対の人間性を持つ2人が【秘密】を知ったことで親友とも恋人とも言えないけれど特別な関係になっていくが終わりの日が近づいて行き。。。。

後半からの展開と桜良の【僕】へのの想いと【君の膵臓をたべたい】の本当の意味にきっと タオル必須です。恋愛というよりは友情に近いかなって感じました。最後まで明かされない主人公の名前や2人のふざけた会話の掛け合いも面白くておすすめです!

◾️学んだこと、いいなと思ったことば

★生きるってのはね、きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ。

生きることは人と関わること。

★誰かに必要とされる人生、それだけで毎日はモノクロから鮮やかな虹色に変わっていく。

★人間は相手が自分にとって何者か分からないか

ら、友情も恋愛も面白いんだよ。

★『解ってもらえてる』ただそれだけで人は温かく幸せな気持ちになれる。

★伝えたいことを全て伝えるようにしてください。

好きだとか嫌いだとか、そういう全てを伝えるようにしてほしい。じゃないと、私みたいにいつの間にか死んじゃうかもしれないよ。私にはもう間に合わないけど。他の人にはまだ間に合うから、伝えてあげてください。

★『びみょーん』

★人と関わると自分が気づいていない自分の魅力や凄い人間なところを知ることができる、教えてくれる。自分を知るには人と関わること。

★ちょっとくらい間違えたっていいじゃない、頑張って探した方が楽しいでしょ、宝探しみたいで。

★キミはたった1人私に普通の毎日を与えてくれる。

★大切なものはいつも目にみえない。

★どんな人にも明日が必ずくる保証なんてない。

死に直面して良かったこと、毎日生きてるって、思って生きるようになったこと。

★私たちは皆、自分で選んでここに来たの、
偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今まで選んできた選択と、私が今までしてきた選択が私たちを会わせたの。私たちは自分の意思で出会ったんだよ。

ハグする習慣

『ハグする習慣』

著者:高木 さと子

発行日:2016.8.25

■こんな人におすすめ

・自分を好きになれない、自信が持てない人。

・大切な人とより絆を深めたい人。

■概要
大切な人をハグする効果や方法、さらに自分自身をハグする効果や方法について紹介しています。ハグをして好転した実例がいくつも紹介されていてあったかい気持ちになれます。読み終わったあとには大切な人にハグしたくなります。8月9日はハグの日!

■学んだこと、いいなと思ったコトバ

★ハグをするとストレスが軽減される。

(30秒のハグで1日の1/3のストレスが解消される)

さらにリラックス効果、不眠解消、免疫力アップ、痛みの軽減や風邪を引かなくなり、高血圧、心臓病予防効果もあり!

★ハグは「ありのままのあなたでいいよ」が一瞬で相手に伝わる最強のコミュニケーション。

★過去、未来の自分をハグする事で安心し、自信が湧き何事にも主体的に取り組む勇気も湧いてくる。

★日本では毎年25000人もの人が自殺している。

どんなに辛い事情を抱えていても自分と向き合ってくれて、あなたがいるだけで幸せだよと抱きしめてくれる人がいれば、人は前に向かって行きていくことができる。

★職場でのコミュニケーション力が上昇すると、生産性が3割アップする。

★名古屋に日本ハグ協会がある。

★シュチュエーション別、効果別に48種のハグの形『ハグ48手』なるものが存在する。(例:ラブ握りハグ、おしりハグ)本書には数種類しか記載されておらず全て知るためには48手が印刷されている『ハグ二ケーション手ぬぐい」を購入するしかない模様。

注文しました。

★人を応援できる人になるには

存在の力、コミュニケーションの力、愛の力の3つが必要。人は人で幸せになる。

★『私たちは職業的なスキルや経済的な能力がないと人生を幸福に生きることはできないと考えがちである。しかし、ほんとうに幸福を約束してくれるものは良い人間関係である』心理学者ロバート・ウォールディンガー

★笑顔でわくわくした人生を手にするためには「じぶんとの小さな約束を、ひとつひとつ守っていくこと」その積み重ねが自信につながっていく。

未来の自分と約束していることは何ですか?

そのために今日何をしますか?

最高の結果を引き出す質問力

『最高の結果を引き出す質問力』

著者 :茂木健一郎

発行日:2016.11.30

■こんな人におすすめ

モヤモヤしてる人

■概要

質問力はときめき力。カウンセリング力でもあり予測力。何より現状を大きく変える力。 本書は、脳科学の見地から、質問の持っている力を誰もが実践できるように導いてくれる。自分を変えていく質問の方法、いい質問、悪い質問の違い、日常生活の改善、問題解決に役立つ質問が豊富な例で紹介されている。

■この本から学んだこと、いいなと思った言葉。

★問題を解決、改善するには→きちんと問題提起をし『なぜ?』を5回繰り返し真の原因を突き止め自分が解決できる具体的な問題に書き換えること。

★よりよいアイデアがあるはずだと躊躇するより今思いつくアイデアが一つしかないならまずはそれが実現するように行動する。『少しでもいい方向に進む可能性があるならやってみる』軽さが大切。

★自分の感情をメタ認知(自分の感情を冷静に観察し「今、自分の状態はこうだ」「自分はこんな感情を持っている」と気づく力)して何が問題か正確につかめば、自ずと解は出てくる。いい質問ができれば、答えは半分出たようなもの。

★愛されたいと思うなら、安全基地を与え相手を自由にさせてあげなければならない。

★悪い質問→「仕事と私、どっちが大事なの?」いい質問→「仕事と私のどちらも大切にするには何を変えればいいと思う?」

★周りの人とうまくやれなかったり、いけ好かない人がいたら「この人はどうしてこのようにふるまっているのだろうか?」と考えると良い。この人キライと拒絶してしまうと自分と似た人だけしか理解しなくなり、ほんの一握りの人のことしか知ることができない。相手の気持ちを考え理解しようと努めることで他人に優しくなれる。

★質問力を高めるにはマインドフルネスを行うと良い。

★脳が1番喜ぶのは、自分には絶対にできないと思っていたことができるようになるとき。できるかどうかギリギリにチャレンジして行くことで新しい世界が広がる。

★脳はリラックスしたり、何もしていない時の方が良く活動する回路(デフォルトモードネットワーク)がある。考え尽くしたら脳、無意識に任せるのがいい。

 

★何をしたらいいのかわからないときは「今まで自分は何に感動してきただろうか」という質問をすることが大事。人間は感動に基づいて生きている。自分がどうゆう人間かわかることに加えて、自分がかつて感動したものについてなら努力できるし、楽しめる。「あなたが感動したことはなんですか?」